15-08-10-007

先週、先島諸島を襲った台風13号の農林水産関係の被害額が、2億6000万円あまりに及ぶことがわかりました。

県のまとめによりますと、最も被害が大きかったのはさとうきびで、2億円近い被害が出た他、バナナやオクラなど、農作物全体でおよそ2億3616万円、畜産関係では、牛舎が壊れるなどしておよそ2635万円の被害が確認されるなど農林水産関係での被害は、およそ2億6284万円となっています。

また、宮古島市などで強風にあおられ、転倒するなどして3人がけがをしたほか、石垣市内のホテルの外壁が崩壊し、駐車中の自動車が破損するなどの被害も報告されています。