15-06-02-02

外部からの不正アクセスにより、年金加入者の個人情報、およそ125万件が流出した問題で、日本年金機構は、専用のフリーダイヤルを設置し、対応しています。

日本年金機構は1日の会見で、複数の職員がウイルスの入った電子メールを開封し外部から不正なアクセスが行われ、年金加入者の名前や住所など、およそ125万件の個人情報が流出したと発表しました。

年金機構によると、情報が流出した人の地域や都道府県までは特定できていないということです。この流出で、個人情報を使った詐欺に悪用される可能性があり外部から不審な連絡があった場合に備え専用のフリーダイヤルを設置し、対応しています。