奄美自然保護団体 辺野古土砂搬出阻止で連携

辺野古への新基地建設を巡り、埋め立てに使う土砂の搬出阻止で連携しようと、14日に奄美大島の自然保護団体が県庁を訪れました。

「自然と文化を守る奄美会議」の大津幸夫共同代表は「今回、辺野古の埋め立てには本土から4分の3の土砂が搬入される予定で、その多くは奄美大島からだと聞いている。新基地建設反対と自然保護の観点から土砂の搬入を阻止するため互いに連携したい」と2000人余りの署名と要望書を手渡しました。

これに対し、町田知事公室長は「辺野古に新基地を造らせないことを県政の柱にしているこの取り組みは大変心強くありがたい」と県としても連携していく考えを示しました。