辺野古振興で懇談会新設へ 30日に初会合

辺野古への基地建設を巡り、政府は辺野古区など地元3区と振興策などを協議する懇談の場を設け、今月30日にも初会合を開く予定です。

これは、2014年9月に辺野古区など久辺3区の区長が菅官房長官に対し、移設受け入れの条件として、インフラ整備や住民への補償などを要望していたことを受けたものです。

関係者によりますと、今月30日に開かれる懇談会には沖縄防衛局や沖縄総合事務局の代表者らが出席し、住民からの要望を聞く形で振興策などについて話し合われるとみられます。

中谷防衛大臣は9日に翁長知事と会談し、政府の考えを改めて伝える方針で、政府としては地元を取り込むための足がかりにしたいものとみられます。