15-05-05-01

5月5日は「こどもの日」です。全国の子どもの数は減少していますが、子どもの割合は沖縄が全国1位となっています。

総務省が、2015年4月1日現在でまとめた全国の子どもの数は男子が828万人、女子が788万人、合わせて1617万人と、34年連続で減少し過去最低となりました。

一方、都道府県別の人口に占める子どもの割合は、沖縄県が17.5%と最も高く、全国平均の12.8%を大きく上回っています。

全国の子どもの割合は、戦後、総人口の3分の1を超えていましたが、41年連続で減少を続けていて1997年には65歳以上の高齢者人口を下回り始め、2015年も過去最低を更新しています。