15-04-27-004

25日県内最大の商業施設イオンモール沖縄ライカムが、グランド・オープンしました。この土日の来客者数は、21万人。たくさんの人で賑わいました。

25日土曜日のライカムオープンには開店前から、たくさんの人が列をつくりました。那覇からきた女性は「出てきたのは6時前ですね」と話し、1番乗りの男子は「一番乗りです。」「イエス!ライカム!」と楽しそうです。

そしてオープンの午前9時、扉が開くと、開店を待ちわびた人たちが次々と店内に流れ込んできました。その数は、店側の発表で1万4000人。店のコンセプトはアジアを代表するリゾート・モールで県内だけでなく国内、海外からの観光客も狙ったゆったりとした雰囲気です。

そして、外国から訪れる観光客に備えドルや元、ウォンなど7カ国の通貨に対応する外貨両替機も設置されています。

また、沖縄初出店の店も多くあり外国人客にも人気のアップルストアやフォーエバー21などの専門店が軒を連ねます。若い女性の人だかりができたこちらの店では、沖縄出身の人気モデル、玉城ティナさんも参加して、テープカットが行われました。

前評判を聞きつけてこの店には30分待ちの長い列も。映画館は、県内初の4Kプロジェクターを完備。スクリーンは9つ。中北部のフラッグ・シアターを目指します。

県内最大級のキッズ専門の店を集めたフロアは、子ども用のお化粧品やアクセサリーの店の他、大型ベビールームや県内初のお父さんも一緒に入れる授乳室もあります。真喜屋キャスターは「朝9時の開店から7時間経ちました。全く人の波が途切れません。店内には220のお店がありますが、どの店もたくさんの客で賑わっています。お客さんの中には、2周、3周したと言う人もいました」とリポートしました。

2人連れの女性は「2周しました」と話し、2周回って飽きないですかと尋ねても、「全然飽きないです」と言います。そして別の女性は「伊江島から!」と言います。「えーあの、はい。ちょっと見てみたいなーと思って。」

イオンモール沖縄ライカムによりますとこの25日と26日に訪れた客は、21万人。中部にできたこの新しい名所に県民の興味は、しばらく尽きそうにありません。