リウボウとTポイントジャパン締結で会見

百貨店、スーパー、コンビニを運営するリウボウグループは、県民の多くが利用するTポイントサービスをグループ店舗で導入します。

リウボウホールディングスの糸数剛一社長とTポイント・ジャパンの北村和彦副社長は会見を開き、Tポイントサービス導入を発表しました。

Tポイントジャパンによりますと県民のおよそ55パーセントがTポイントを持っていて、県内では35万店舗に普及し、百貨店での導入は全国で初めてです。

導入時期は5月中旬で、新たな顧客を開拓し、利用者の購買情報をマーケティングに生かすなどして、8億円の経済効果を見込んでいます。