16日、県議会代表質問で翁長知事は、今後の県政運営に向け決意を述べました。

自民党の代表質問に立った座喜味一幸議員は「沖縄の保守」を名乗る翁長知事に対し、沖縄の保守とはどのようなものかなどと質しました。

これに対し翁長知事は「日本全体の安全保障の必要性を理解したうえで、どうしても認められない不条理なものについては問い質していくのが沖縄の保守であると考えております」と答えました。

また、翁長知事は基地問題を中心とする重要な政策課題では保守と革新の垣根を越えて協力を要請するとの考えを示しました。

さらに普天間基地の返還をめぐり辺野古移設案の「対案がない」と批判する一部報道に対し沖縄との意識の乖離があるとして、熱くなる場面もありました。「自分たちで提供した土地というのは一つもないですよ。その中の普天間基地が大変危険になって、これ以上耐えられない、どかさないといけないという時に、沖縄県側に新しい対案を示せ、というのは、こんな民主主義国家があるかと私は思いますね」

翁長知事はこのほか、アメリカ政府への直接要請に向けた計画なども問われましたが、16日の時点では「早めに訪米したい」と述べるに留めました。