今月16日の県知事選挙に向け、仲井眞さんが那覇市で総決起大会を開きました。

県知事選挙には下地幹郎さん、喜納昌吉さん、翁長雄志さん、仲井眞弘多さんの4人が立候補しています。

7日に県立武道館で開かれた総決起大会で仲井眞さんは、自民党の国会議員や経済界の代表らとともに、集まった支持者に「普天間問題を解決したい。先送りしない。断固としてまとめる。まず5年以内に普天間の状態を運用停止する」と普天間基地の危険性の除去を強く訴えました。

また、壇上に上がった議員らは、仲井眞さんの2期8年間の実績や国とのパイプを強調、選挙戦の勝利に向けて結束を呼びかけました。