知事選への出馬を表明した翁長市長の後継を決める選考委員会は11日、市長選の候補者を決定しました。

かりゆしグループの平良朝敬代表や那覇市議会会派「新風会」、野党市議らで構成される那覇市長選の候補者選考委員会は11日夜、最終の選考会を開き全会一致で那覇市副市長の城間幹子さんを市長選の候補者として擁立することを発表しました。

会見で、委員長を務める平良さんは「城間幹子さんが選考委員会全会一致で決定しました」「翁長市長の継承と知事選と市長選の車の両輪で闘える方と判断し決定しました」と述べました。

選考委員会は城間さんについて知事選と同じく政党や保革を乗り越えてオール沖縄で臨むのに最適な候補者だとしています。

決定を受けて城間さんは、「翁長市長の市政を継承ししっかり臨みたい」と受諾したということです。