9月9日は救急の日です。糸満市の銀行では急病人への応急手当の訓練が行われました。この救急訓練は琉球銀行と糸満市消防本部、豊見城中央病院が合同で行ったものです。

訓練は、銀行のロビーで急病人が出たという想定で行なわれ、通報した銀行員が119番のオペレーターとやりとりしながら応急手当をしました。

その後、救急隊に加え医師が乗ったドクタカーが到着、その場で投薬など専門的な処置を行いました。糸満市消防本部では急病の場合、現場の初期対応と救急隊員や病院の連携が大切として今後もこうした訓練を続けていきたいと話していました。