宜野湾市の佐喜眞淳市長は13日、会見をひらき、普天間基地の閉鎖・返還に向け今後も仲井眞知事と取り組む姿勢を示しました。

13日、会見に臨んだ佐喜眞市長は「事故から10年が経過した今なお、普天間飛行場が宜野湾市のど真ん中に存在し続け、市民の危険性や、基地負担が変わっていない現状は極めて極めて遺憾」と述べました。

佐喜眞市長は「宜野湾市民の生命や財産を守るには、一日でも一歩でも早い返還が最優先」と、辺野古への移設に対し県民への理解を求めたほか、今後も、仲井眞知事とともに問題の解決に取り組む姿勢を示しました。