ハンドボールの全国高校総体で8月7日に優勝し、9年ぶりの高校三冠に王手をかけた興南高校が午後6時過ぎに那覇空港に凱旋しました。

黒島監督やキャプテン下地選手ら優勝した興南のメンバーが優勝旗を手に空港のゲートをくぐると大きな拍手が湧き上がりました。

興南は7日、神奈川県で行われた全国高校総体決勝で宮崎県代表の小林秀峰を圧倒し春に続き、夏の全国大会と優勝と、高校二冠を手にしました。

那覇空港では、興南の選手らを家族や学校関係者が出迎え、その場で優勝報告会が開かれ9年ぶりの三冠達成に向け気を引き締めているようでした。