強い台風11号は日本の南を北に進んでいて、7日明け方にも大東島地方が暴風域に入る見込みです。

強い台風11号は6日午前9時現在、日本の南を1時間に15キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルとなっています。

台風はこのあと勢力を維持したまま7日の明け方にも大東島地方が風速25メートル以上の暴風域に入る見込みです。本島地方は7日から強風域に入り、8日の未明には本島北部や中部が暴風域に入る可能性も出てきました。

今後、台風が西寄りに向きを変えた場合、本島地方全域が暴風域に入る可能性もあります。今後の台風情報に注意してください。