台風8号の直撃を受けた宮古島で「特別警報」が出された日の夜災害対策本部長を務める宮古島市長が庁舎内で飲酒していたことがわかりました。

今回の台風で県内で最も早く特別警報が出された7日午後6時過ぎ宮古島市役所の市長室では下地市長が自らの呼び掛けで数人の職員を集め食事を交えながら酒を飲んでいたということです。

宮古島市では7日の午前中には下地市長を本部長とする対策本部を設置、気象台から『夕方には「特別警報」を発表する』との情報も受けていたということです。

下地市長は激励と慰労を兼ねて食事と酒を提供した。酒を提供したことは控えるべきだったとコメントしています。