名護市議会の最終本会議で、日米が合意した名護市辺野古沖の制限水域の拡大について撤回を求める決議文が提出されました。賛成多数で可決される見通しです。

25日に最終日を迎えた名護市議会では、20日の日米合同委員会で両政府が合意した辺野古沖の立ち入り制限水域の拡大について、与党会派から撤回を求める決議文と意見書が提出されました。

決議文では、制限水域の拡大について「市民県民の反対を押し切って埋め立てを強行するための政治的な狙いがあるのは間違いない」と指摘しています。

また、集団的自衛権の行使を容認する解釈改憲を行わないよう求める意見書も提出され、ともに賛成多数で可決される見通しです。