球児たちの夏がやってきました。全国高校野球選手権沖縄大会が21日に開幕し、甲子園大会出場をかけた熱戦が幕を開けました。

初夏の強い日差しの下、14年ぶりに沖縄市での開幕となった沖縄大会。部員不足で出場できない2校を除く61校のチームが、開会式に臨みました。

選手宣誓を務めた真和志のネブレト・ジョデェシィ・瑠華主将が「真夏の太陽にも負けない、甲子園という聖地に向かい、熱い、熱い大会にすることを誓います」と宣誓しました。

大会は春のセンバツに出場した沖縄尚学や美里工業などシード勢を中心に夏の頂点を競うとみられ、7月20日に沖縄代表が決定する予定です。

QABではきょう・21日午後5時から「速報!!めざせ甲子園!」を放送します。