戦前、子ども達におもちゃを与える日だった旧暦5月4日の「ユッカヌヒー」にちなんだアート展が始まっています。

ハーリーが行われる「ユッカヌヒー」にはかつて、子ども達の健やかな成長を願い、おもちゃを買い与えていたといいます。会場には県内のアーティスト19人の鮮やかな色合いの琉球張子や動物や手の形の花瓶などの作品が並んでいます。

こちらのユッカヌヒーの御馳走は、全て石で作られたもの、そして、江戸時代、幕府に派遣された使節団の「江戸のぼり」からアイディアを得て作られた45体の華やかな琉球張子は楽しそうに歌い、踊る様子が再現されています。

アート展は15日まで開かれています。