11日午前、南城市で土砂崩れが発生し道路が通行止めになるなどの被害が出ています。

土砂崩れが起きたのは南城市知念の市道で11日午前11時25分ごろ山の斜面が幅およそ6メートル、高さおよそ10メートルに渡って崩れ落ち大きな落石もありました。

けが人はいませんが付近の住宅1世帯3人に避難勧告が出されたほか落石で電柱が倒壊し最大600世帯が停電しました。停電は午後3時半ごろに復旧しています。

沖縄気象台によりますと南城市糸数の11日午後5時過ぎまでの24時間雨量は73.5ミリと強い雨が降っていて気象台では12日明け方まで土砂災害への注意を呼びかけています。