八重山採択地区協議会の総会が6月6日、開かれ竹富町教育委員会が、正式に八重山採択地区から離脱しました。

6日の総会では竹富町教育委員会の慶田盛教育長が5月末付けで、すでに協議会を離れているとして委任状を出して欠席しました。慶田盛竹富町教育長は「お礼をしてきました。

協議会からやっと外れて独立することができました」総会では、協議会から竹富町の名称を削除するなど規約の改正が行われました終了後、一連の教科書問題が、竹富の離脱という形で着地したことについて石垣市の玉津教育長は「八重山はひとつやってきたことは間違っていない」と話しました。

竹富町教育委員会では6月中にも採択地区を立ち上げる予定です。