News Photo

災害時の安否確認に利用できる「災害伝言ダイヤル」の使い方を知ってほしいと15日、那覇市の小学校で体験学習会が行なわれました。

那覇市銘苅小学校では児童が実際に公衆電話や一般の電話機を使って171を体験。30秒以内で名前や場所など自分の安否を伝言で残す練習をしました。

日本公衆電話会沖縄支部の下地寛事務局長は「昨今、携帯電話の普及でどうしても実際電話機を使う機械が少なくなっているので『171』の学習と共に公衆電話の使い方もぜひ学習して頂きたい」と話していました。

災害伝言ダイヤルは災害時に電話回線が混雑し家族と連絡が取れない時などに伝言を残し安否を確認できるシステムで、東日本大震災時にはおよそ348万人が利用したということです。