News Photo

2013年の今年、プロ野球1年目のシーズンを迎える福岡ソフトバンクの東浜巨投手が元旦から自主トレをふるさと沖縄でスタート。プロとしての決意を新たにしました。

東浜巨投手「あけましておめでとうございます。良い朝を迎えられました。日の出も見られましたし、(Q.どこで?)勝連城跡で見てきました。朝、家から走って行って(Q.あらためて誓うことはありましたか?)そこで誓いというか、今年頑張ろうというふうに思いました。」

1月1日、地元うるま市内のグラウンドで新年をスタートした東浜巨投手。沖縄尚学時代の後輩と2人で汗を流しました。東浜投手は今月5日には沖縄を離れ、9日に球団の寮に入り合同自主トレに参加。プロとしての1年目がスタートします。