News Photo

夏の甲子園、県代表の浦添商業は10日、愛知の強豪愛工大名電と対戦。エースのホームランも飛び出しみごと初戦を突破しました。

試合は2回バッターは甲子園初打席4番エースの宮里泰悠打った瞬間、宮里が「入る」と確信した打球は大会7号ソロホームラン。浦商が先制するとさらに8番、ラッキーボーイ2年生喜瀬のスクイズで浦商が2点を奪います。

さらに3回には満塁の場面で6番呉屋のタイムリー。5対0と愛工大名電を大きく引き離します。その後、名電に4点を返され1点差まで追いつかれた浦商でしたが、7回にも1点を追加し6対4で勝って見事に初戦を突破しました。

2回戦は、大会8日目、第3試合の予定です。