接客を通して思いやりの心を育んでほしいと浦添市の小学校で4日航空会社の客室乗務員らによる「思いやり教室」が開かれました。この教室は、あいさつや笑顔など接客のコツを練習しながら思いやりについて学んで欲しいと企業が企画しました。

体験教室では、児童らが笑顔や挨拶、歩き方の練習。相手の気持ちを考える連想ゲームなどを行ないました。児童らは「思いやりという事がよく分かって面白かったです」「人に譲り合いの心を持つのが(大切だと)分かりました。」「いろいろな人に親切にしたりあいさつをしたりやりたいと思います」と次々と話していました。

子ども達は、プロの心遣いのコツを楽しみながら学んでいました。