News Photo

仲井真知事は現在行われている民主党の新代表選について「誰が次の代表に選ばれようと、日米共同声明の内容には応じられない」と述べました。

4日の定例会見で仲井真知事は普天間基地の、名護市辺野古への移設を明記したさきの日米共同声明について、「地元とのきちんとした協議もなく、内容も極めて厳しい」とあらためて容認できないという姿勢を強調しました。

仲井真知事は民主党の代表選について「今度の新しい政権が、日米共同に沿って、特にこの普天間基地の方向が県内に向いていますから、ここをどう、収めていくのか、いかないのかですね。

ここにかかっていると思うんですけどね」と述べました。また知事は日米共同声明の内容は県民の思いとかけ離れていて、民主党新代表には今後、責任を持って問題の解決策を示してほしいと述べました。