10-04-12sp-gk001.jpg

けが人が続き厳しい戦いが続くバスケットの琉球キングス地元プレーオフ開催にむけ、頼れるエースが帰ってきました。

場内アナウンス「お帰りなさい、ジェフ・ニュートン!!」エース復活!この試合で連敗すると3位に陥落し地元プレーオフ開催に黄色信号がともるキングス。チームの窮地を救ったのはやはりこの男でした。

ニュートンのリバウンドを基点にリーチがシュート、先制点を奪うとキングスの持ち味スピード感あふれるプレーも見せます。

菅原−ニュートンの連携プレーは観客を魅了。そして、この日スティンバージは22得点の活躍を見せます。

桶谷HC「ジェフが入ることでケビンのいい部分がすごく生かされましたよね」「彼のパスだしが非常に多いので、ケビンが速攻にはしれる」「ジェフがコートにいるだけで非常に周りのみんなが落ち着く」

10-04-12sp-gk002.jpg

しかし、第3クオーター終盤今シーズン活躍を見せていた澤岻安史が負傷で倒れます。それでもリードを守りきったキングスなんとか2位をキープです。

ニュートン選手「ファンの皆さんからの愛をきょうは感じました、そんななかで自分が涙がおちるような、感傷的な気持ちになっていました、今シーズン、自分だけでなく、チームをサポートしてくれているファンに感謝したいと思います」

エース、ジェフ・ニュートンの復活はキングスにとって戦力的にも精神的に大きな救いとなるようです。ただ、澤岻選手が右腓骨を骨折し再び負傷者を出したキングス桶谷ヘッドコーチは今後のローテーションをついて厳しい表情も見せていました。

10-04-12sp-gk003.jpg