2019年2月1日 18時45分

プロ野球キャンプイン

プロ野球キャンプイン 確定 

さぁきょうは2月1日。この日を待ちに待ったというファンの方も多いのではないでしょうか!プロ野球キャンプインです!

きょう県内では1軍6球団、この赤字になっているチームがキャンプをスタートしました。宮崎県で始動した県勢選手も含めてキャンプ初日の様子、まとめました!

神奈川県から来た横浜DeNAベイスターズファン「待ちに待ってましたよ。」

阪神ファン(兵庫県から)「もちろん優勝してもらうに越したことはないが高望みはしないがまずはAクラス」

中日ファン(愛知県から)「(沖縄キャンプは)初めてなので楽しく充実できたらと思う」

プロ野球キャンプイン 確定  プロ野球キャンプイン 確定  プロ野球キャンプイン 確定 

多くの野球ファンが待ちわびたプロ野球キャンプが始まりました!熱気に満ちた1か月間がスタートします!

球春到来!プロ野球キャンプ!宜野湾でキャンプをスタートしたのは球団創設70年目を迎えた横浜DeNAベイスターズ。1軍では3人の県勢選手が古里・沖縄からスタートを切りました!

プロ6年目を迎えるのは嶺井博希。去年は自己最多の91試合に出場!今年は攻守にわたる活躍で確固たる正捕手の座を目指します!

嶺井博希選手「しっかりピッチャーと協力して試合を作るのもそうなんですけど、しっかりバッティングでもチームに貢献できるようにやっていきたいです。」

また同じくプロ6年目となる北山高校出身の平良拳太郎。去年は目標としていた5勝をマークし今シーズンは周りからの期待も高まります。

平良拳太郎選手「去年5勝したので1年間ローテーションを守って二桁勝利したいという思いはあります。」

そして2年目の神里和毅。去年はルーキーながら開幕スタメンを勝ち取るなど良いスタートを切りましたが、8月に右足の甲を骨折し離脱。ケガから復帰した今年は自慢の脚力を武器に、1年を駆け抜けます!

神里和毅選手「自分のできることをしっかりして開幕スタメンを取れるようにしっかりやっていきたい。」

「KEEP ON RISING~躍進~」おととしのリーグ最下位から昨シーズン2位まで順位を上げた東京ヤクルト。浦添でのキャンプは今年で20年目!節目の年にさらなる上を目指します!

「ぶち破れ!オレがヤル」昨シーズンはセ・リーグ最下位に終わり、巻き返しを誓う阪神タイガース。

阪神ファン(那覇市から)「星野さんの教え子ですから闘志闘将を引き継いで頑張ってほしい」阪神ファン(岡山県から)「期待してる大期待してる」

ファンの期待を一身に背負うのが、矢野燿大(やの・あきひろ)新監督!新設されたブルペンでは、投手陣に熱い視線を送ります。宜野座村での阪神キャンプは17年目。

毎年、選手やファンのおなかを満たし続けているのが、パーラーぎのざ!名物は〝選手の名前にちなんだメニューの数々〟阪神をこよなく愛する新里さんに、人気メニューを紹介してもらいましょう!

パーラーぎのざ新里さん「第3位は能見のキムチ丼(500円)です」「能見さんがキムチが好きで」「能見さんの優勝したいという気持ちを表して」

パーラーぎのざ新里さん「第2位は梅野ミット(250円)です」「(梅野選手は)キャッチャーなのでポーク卵を挟んで練り梅を入れて」「(梅野選手は)ありがとうと言っていつも食べている」

パーラーぎのざ新里さん「堂々の第1位は鳥谷丼(300円)です」「うちの名物でもありますし一番のメニューです」

そして、今年もグッズ売り場は〝虎〟で埋め尽くされています!グッズ売り場山田紗綾さん「(一番人気は)宜野座村キャンプのジャンパーです」「風がたまに強くなったりするので軽く1枚羽織れる」「デザインも毎年違うので2019年限定」

「昇竜復活!」そして、中日ドラゴンズも北谷町でキャンプイン。県出身・又吉克樹投手も始動です。

中日ドラゴンズ又吉克樹選手「1年間ぶれないフォームとこれで戦うんだと決められる覚悟を1か月間で作って3月に入っていけるようにしたい。」「沖縄出身が頑張っているなと思われるような選手になっていきたい。」

「RESTART!日本一の東北へ」離島では2球団がキャンプイン。そのうち久米島にキャンプを張るのは去年パリーグ最下位に終わった東北楽天ゴールデンイーグルス。

則本などの投手陣に加え、課題だった攻撃陣に、西武から浅村が加わり最下位からの巻き返しを図ります!

「CATCH the GLORY 新時代、熱狂しろ!」ここからは、県外でキャンプインした県勢選手を。宮崎県日南市でキャンプを張る埼玉西武ライオンズ。去年最多勝を獲得し、リーグ優勝に貢献した多和田真三郎は去年の結果に満足することなく初日から早速ブルペン入り。

そして、リーグMVPとホームラン王を獲得した山川穂高!年始に誓ったホームラン50本達成、さらに去年達成できなかった日本一へ期待のかかるシーズンが始まりました。

「奪Sh!(ダッシュ)」そして、去年日本一の福岡ソフトバンクホークスは3連覇に向け、宮崎市でキャンプをスタート。貴重な中継ぎ左腕として、67試合に登板した嘉弥真新也!去年けがで離脱し、思うような結果を残せなかった東浜巨。 二人ともブルペン入りし、初日からミットに快音を響かせました。 

去年大活躍した山川、多和田に続きさらなる県勢選手の活躍も期待したい今シーズン!見どころ満載のプロ野球キャンプ。熱い一か月になりそうです!

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.