2018年6月30日 11時55分

台風7号ゆっくり北西へ 各地で影響

台風7号ゆっくり北西へ 各地で影響

台風7号は30日午前9時現在、沖縄の南の海上にあって、ゆっくりとした速さで北西へ進んでいます。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルで、最大瞬間風速は35メートルです。

台風7号は今後、北寄りに進みながら発達し、7月1日午前9時には那覇市の南の海上に達する見込みで、最大瞬間風速40メートルという猛烈な風が吹くと予想されています。

30日、本島地方は雨や雷雨となり局地的に激しく降る所もありそうです。7月1日は台風の接近により、さらに雨や風が強まる見込みです。

台風の接近により、空の便は30日午後に那覇空港を発着する便の遅れや欠航が見込まれているほか、海の便も那覇と周辺離島を結ぶ定期航路は30日午後から欠航、または繰り上げ運航となっています。

また、第100回高校野球選手権県大会は3日目となる30日、2つの球場での第3試合が順延となり、7月1日の全試合も順延が決定しました。

このほか、週末に予定されていた県内各地のイベントも相次いで中止・延期を決めています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.