2018年11月22日

夢に向かって奮闘!外国人介護士!

こちらの数字をご覧ください。1534人。これは2年後、2020年度に不足するとみられている介護人材の数です。 65歳以上の高齢者が21パーセントを超え、超高齢社会に突入した沖縄。2025年度には、さらに増えて約4000人の介護人材が不足すると見込まれ...続きを見る

玉城知事 就任後初訪米

先週、アメリカに渡り新基地建設の断念を直接訴えた玉城知事。従来のやり方にとらわれず、玉城流で臨んだ5日間となりました。 歴代の沖縄県知事が繰り返してきた、訪米行動。これまで、その舞台は主にホワイトハウスなど政府機関が集まるアメリカの司令塔、ワシン...続きを見る

陸自配備で説明会 空席目立ち反対派「意味ない」

石垣島への陸上自衛隊の配備計画について、21日沖縄防衛局が開いた説明会は、地元区民らがボイコットし、わずか11人しか参加しませんでした。 沖縄防衛局企画部の伊藤晋哉企画部長は「なぜ石垣島に必要があるという風に考えているかというと、...続きを見る

伊江島の着陸帯 11月運用開始

米軍伊江島補助飛行場の着陸帯の改修工事が終了し、米軍が伊江村に対して、11月から使用開始することを伝えていたことがわかりました。 工事は2016年から始まり、飛行場内にある着陸帯を強襲揚陸艦の甲板に見立てるため、耐熱性の高い、厚いコンクリート...続きを見る

集中協議3回目も平行線

謝花副知事が辺野古をめぐり、国との集中協議を重ねていますが、解決の糸口は見えないままです。 さきほど杉田官房副長官との3回目の協議を終えた謝花副知事。今回も新基地建設に反対する県の立場を伝えたということですが。 謝花副知事は「(副長官は)今...続きを見る

オリオンハッピーパーク100万人達成

オリオンハッピーパークの来場者が100万人を達成し、21日記念セレモニーが行われました。 オリオンビールができるまでの行程などを見学できるオリオンハッピーパーク。記念すべき100万人目の来場者となったのは台湾から家族で訪れた黄千晏さんです。 ...続きを見る

「縄文と沖縄」展

1万年以上前の縄文時代に生み出された文化や造形美に触れることができる特別展が、22日から那覇市で始まりました。 県立博物館・美術館で始まった、「縄文と沖縄」展。装飾が目覚ましく発展した縄文時代中期を代表する「火焔型土器」をはじめ、日本各地や沖縄の...続きを見る

密輸出入取締対策協議会開かれる

水際での密輸を防ごうと関係機関が話し合う対策協議会が那覇市で開かれました。 協議会には、沖縄地区税関や警察など県内の9機関、およそ30人が参加しました。沖縄地区税関によりますと2017年、管内で摘発された不正な薬物の件数は40件で、とくに大麻の摘...続きを見る

平良港で保安訓練

クルーズ船の寄港が増加している宮古島市で、船にテロリストが乗り込んできたことを想定した保安訓練が行われました。 11月20日に宮古島市の平良港で行われた訓練には、市や警察、港運会社など14の機関からおよそ100人が参加。入港予定の船にテロリストと...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.