2018年6月13日

めざせ甲子園!(8) 宮古総合実業高校

2組の兄弟の絆で初勝利を〜宮古総実〜 続いては「めざせ甲子園」きょうは、県立宮古総合実業高校です。チームには、父の背中を追いかけ、兄弟で夏に挑む選手がいました! 部員わずか10人で強豪・沖縄尚学を下し、ベスト16に輝いた秋からまもな...続きを見る

楽園の海 今年初サンゴの一斉産卵

伊波アナウンサー「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。今回のテーマは『今年初サンゴの一斉産卵』です」 長田さん「今年も無事、サンゴの産卵に立ち会う事が出来ました。」 伊波アナウンサー「どんな素敵な光景が撮影されているんでしょう...続きを見る

F15飛行再開 原因も対策も不明で地元困惑

墜落事故からわずか2日での飛行再開です。アメリカ軍は、6月13日、墜落事故を起こしたF15戦闘機の飛行を再開させました。 事故原因や再発防止策は発表されていません。嘉手納基地では午前7時50分すぎにF15戦闘機が離陸。 墜落事故から2日で飛行再開したF...続きを見る

土砂投入通知で高まる批判の声

辺野古の新基地建設にむけ土砂投入を8月17日に行うとした政府の通知から一夜明け、反対運動の現場では批判の声が上がりました。 沖縄防衛局は6月12日、8月17日の土砂投入を県に通知。埋め立ての開始日が示されたことで現場は緊張が高まっています。 辺野古で新...続きを見る

平和の詩朗読・相良倫子さん想いを語る

6月23日の慰霊の日の沖縄全戦没者追悼式で、披露される「平和の詩」。2018年は、浦添市立港川中学校3年生が書いた詩「生きる」が選ばれました。 6月12日、港川中学校で会見したのは相良倫子さんです。 「平和の詩」を朗読する相良倫子さんは「今から...続きを見る

F-15戦闘機が飛行を再開 事故から2日

米軍のF-15戦闘機が墜落した事故から2日、F-15戦闘機が13日飛行を再開させました。 中村カメラマンは、「墜落した同型機のF-15戦闘機が嘉手納基地を飛び立っていきます。事故2日後の飛行再開です」とリポートしました。 嘉手納基地では13...続きを見る

土砂投入通知 批判の声

12日、政府が辺野古では初となる土砂投入を8月17日に行うとした通知から一夜明け、反対運動の現場では批判の声が上がりました。 沖縄防衛局は12日、8月17日の土砂投入を県に通知。埋め立てが迫るなかキャンプシュワブのゲート前では13日も工事車両...続きを見る

三ツ矢サイダー授業 環境教室

子どもたちに水の大切さを伝える「環境教室」が12日、那覇市で行われました。 この取り組みは子どもたちに水や地球環境について考えてもらおうとアサヒ飲料が2009年から全国の小学校で行っているものです。今回は県産パインを使った新商品の発売を記念し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.