2016年12月15日

オスプレイ墜落事故 残骸そのまま

集落から目と鼻の先で起きたオスプレイの事故から2日。事故現場の異様さは依然として変わっていません。 オスプレイの不時着事故から2日が経った12月15日、大破したオスプレイの機体は波にさらされ、姿を現したまま。アメリカ軍がゴムボートを使いオスプレイ...続きを見る

翁長知事 上京し抗議「不時着ではなく墜落」

この事故を受け12月15日に上京した翁長知事は、外務省・防衛省などを相次いで訪ね、オスプレイの事故に抗議しました。 稲田防衛大臣と面談した翁長知事は、事故機が大破した状況から県は不時着ではなく墜落と認識しているとした上で、アメリカ軍のニコルソン四...続きを見る

若宮副大臣は安慶田副知事と面談

若宮防衛副大臣がオスプレイの事故を受けて、15日に急きょ沖縄入りし、安慶田副知事と面談しました。 安慶田副知事は、「県としては、機体の状況などから『墜落事故』と認識している。県民の怒りは頂点に達しており、オスプレイの飛行中止と配備撤回を要求する」...続きを見る

キャンプシュワブ 陸上工事再開

オスプレイの事故を受け、不安が広がる中、辺野古で中断されていたキャンプシュワブの陸上部分の工事が15日に再開されました。 午後2時10分過ぎ、大勢の機動隊がゲート周辺を取り囲む中、砂利などを積んだトラック7台が名護市辺野古のキャンプシュワブ内にに...続きを見る

粟国島 航空機事故「パイロットの知識一因」

2015年に粟国空港で起きた航空機事故を巡り、運輸安全委員会は12月15日、パイロットの知識不足が事故の一因とする報告書を公表しました。 この事故は、2015年8月に第一航空の旅客機が滑走路を外れ、フェンスに衝突、乗員・乗客14人が軽傷を負ったも...続きを見る

年賀はがき引受け始まる

あと17回寝るとお正月です。12月15日から全国一斉に年賀はがきの受け付けが始まりました。 那覇中央郵便局のセレモニーでは2017年の干支「酉」のお面をかぶった約100人の園児たちが歌や踊りを披露しました。このあと園児たちは家族や友達へあてた年賀...続きを見る

沖縄デジタル映像祭

将来、映像制作の現場で活躍する人材を育成、発掘しようという沖縄デジタル映像祭が13日に開催されました。 今回で13回目を数える映像祭には県内の高校、専門学校などの学生から125作品の応募がありました。 この中で沖縄県立芸術大学3年新垣玲実さ...続きを見る

オスプレイ事故現場から中継

オスプレイの事故から2日、現場で機体の回収作業は始まっていません。名護市安部から新田記者が中継です。 現場には、水に漬かったオスプレイの残骸が波にさらされていて機体の撤去作業はまだ始まっていません。これまでの取材で日本政府が現場を特定した...続きを見る

県議会 意見書と抗議決議提案

県議会は14日夜、緊急の特別委員会を開き、意見書と抗議決議について審議することが提案されました。 14日の米軍基地関係特別委員会では、与党から事故そのものやパイロットを称賛した四軍調整官の発言について「断じて許されない」との指摘が相次...続きを見る

辺野古陸上工事きょう再開

また、辺野古では陸上部分の工事が午後にも再開される見通しで、キャンプシュワブゲート前では、反対する人たちが抗議の声をあげています。 名護市辺野古のキャンプシュワブでは、午後から政府が中断していた陸上部分の隊舎などの工事を再開する方針で、ゲート...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.