2 / 23123...1020...最後 »

2016年1月29日

南極越冬隊から学ぶ経営戦略

元南極越冬隊員で観測隊の料理人を務めた男性が28日に講演を行いました。 「南極観測隊に学ぶ極限の経営戦略」と題された講演会には、県内の企業経営者などおよそ300人が集まりました。講師の西村淳さんは、海上保安官として2回南極観測隊に参加、料理人を務...続きを見る

牛の削蹄師・認定試験

牛の病気を防いだり姿勢を安定させるためにひづめを削る削蹄師を養成する講習会と認定試験が宮古島市で行われました。 試験には宮古島や多良間島、石垣島、与那国島などの肉用牛農家やJAの担当者40人が受験しました。 削蹄は牛が安定した姿勢を保つこと...続きを見る

2016年1月28日

辺野古沖にボノム・リシャール

アメリカ海軍の強襲揚陸艦、ボノム・リシャールが辺野古沖に現れ、オスプレイの離着陸訓練などが行われました。 辺野古沖に姿を見せたのは、長崎県の佐世保港を母港とする強襲揚陸艦、ボノム・リシャールで、キャンプ・シュワブの目の前で水陸両用車を放出した後、...続きを見る

緊急生徒指導連絡協議会

県教育委員会は緊急協議会を開き、薬物の乱用防止に向けた更なる徹底を呼びかけました。 28日の緊急連絡協議会には、県内の高校で生徒指導に携わる教師や県の職員や県警の少年課の担当者などが出席しました。 協議会では、県の保険医療部の担当者が201...続きを見る

協議会初会合 基地負担軽減と振興策で議論確認

国と県が新たに設置した政府・沖縄協議会の初会合が28日に官邸で開かれ、基地負担の軽減と振興策を議論していくことを確認しました。 野島記者「協議は予定より早く20分ほどで終わりました。その中で、5年以内の運用停止に触れることはありませんでした」 ...続きを見る

男子児童自殺で両親が会見

2015年10月豊見城市で自殺した小学4年の男子児童がいじめを訴えていた問題で、児童の両親が会見を開き「学校で何があったのか、真相が知りたい」と訴えました。 父親は「(息子が)なぜ命を絶たなければならなかったのか。私たちはただ単に真相が知りたいのです...続きを見る

サッカー ニューイヤーカップ

沖縄でキャンプを張るサッカーJリーグのチーム同士が対戦するニューイヤーカップ。27日はFC琉球がJ2の東京ヴェルディに挑みました。 ニューイヤーカップはリーグ戦の前哨戦として去年から始まったもので、2016年から沖縄ラウンドが設けられました。 J3...続きを見る

子どもの安心安全に役立てて 学校安心メール

子どもたちの安全に関する情報を学校と保護者で共有するメールシステムの開発会社がQABを訪れ、その特徴をアピールしました。 「学校安心メール」では、保護者が専用サイトから携帯電話のメールアドレスを登録すると、地域の学校やPTAなどから不審者の情報や災害...続きを見る

絶滅が危惧されるミヤコカナヘビ撮影

ひと昔前まで宮古島でよくみられたある珍しい生き物が、宮古島市の上野野原で久しぶりに姿を見せました。 みつかったのは、鮮やかな緑が特徴のミヤコカナヘビ。市内のさとうきび畑で、枯れ葉に隠れるようにしていたということです。 このミヤコカナヘビは宮古諸...続きを見る

沖縄市サッカー場から汚染土壌を搬出

地中から100本以上のドラム缶が発見され、ダイオキシン汚染が発覚した沖縄市のサッカー場から、汚染された土壌が28日、県外に向けて運び出されました。 28日午前8時過ぎ、油分に汚染された土壌の搬出作業がマスコミに公開されました。この場所では20...続きを見る


2 / 23123...1020...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.