2015年11月20日

台湾への「感謝会」開催

海外で初めて感謝祭だということです。沖縄を訪れる海外からの観光客の4割を占める、台湾との関係をさらに深めようと、県主催の台湾への感謝イベントが台北市で開かれました。 翁長知事を始め県の関係者らはイベントに先立ち航空会社などを訪問。13日に、海...続きを見る

地域の力で児童の虐待防止を

児童虐待にどう対応したらよいかを事例を基に探ろうと糸満市で講演会が開かれました。 講演会は児童虐待防止月間の一環で開かれたもので市内の学校関係者や保育所の職員などおよそ40人が参加しました。 県の児童相談所が対応した児童虐待の件...続きを見る

佐喜真市長が総理と面談調整へ

佐喜眞宜野湾市長が、12月1日、上京し、普天間基地の早期返還などを安倍総理へ直接要請する方向で調整していることが分かりました。 関係者によりますと、佐喜真市長は普天間基地の早期返還や騒音防止協定の順守などを求める予定で、商工会や自治会の代...続きを見る

あすから離島フェア

さて、21日から那覇市の奥武山で離島フェアが始まりますが、多良間島と北大東島から新たな島の特産品を紹介します。 北大東島からはじゃがいもを使った焼酎が出来上がりました。その名も「ぽてちゅう」。農産物として規格外となった、およそ15%のジャガイ...続きを見る

おきなわ食材の店 登録証交付

県産の食材を使った料理を積極的に使用する「おきなわ食材の店」に新たに35店舗が認定されました。 「おきなわ食材の店」は、地元でとれた新鮮な食材を使った料理を年間を通して提供している店のことで、2015年度は、沖縄料理の店の他洋菓子店やカフェなど、...続きを見る

社会福祉活動へ寄付

結婚式場や葬祭場など冠婚葬祭事業を営む株式会社サンレーから県社会福祉協議会に寄付金が贈られました。 贈呈式ではサンレーの小久保達美事業部長から「社会福祉活動に役立てて下さい」と50万円が県社会福祉協議会の比嘉成和常務理事に手渡されました。...続きを見る

北大東で「ぽてちゅう」できました!

北大東村で生産に力を入れているジャガイモを新たな特産品として活用しようと焼酎が作られ、20日に発表会見が開かれました。 北大東村のじゃがいもニシユタカで作られた焼酎「ぽてちゅう」は農産物として規格外となった、およそ15%のジャガイモを新たな特産品...続きを見る

医師らジャズ演奏でチャリティコンサート

医師らによるジャズバンドが23日のチャリティコンサートの本番に向けて練習に励んでいます。 那覇市で活動する医師を中心に1990年に結成された「メディカルジャズオーケストラ」は現在、20人を超えるメンバーが練習を積んでいます。 このグループは...続きを見る

首里織展

琉球王府の城下町・首里で織り継がれてきた首里織の展示即売会が那覇市で開催されています。 これは、那覇伝統織物事業協同組合が毎年開催しているもので、今回は、組合員が制作した作品860点が展示即売されています。 琉球王国時代、王家や貴族が着用し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.