2015年6月18日

めざせ甲子園!(14) 豊見城 野球を続けられた仲間との絆

春の大会ベスト4入りした豊見城高校。ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。 神谷隆也主将「1回戦敗退となって頭が真っ白になりました」 去年の秋の大会。宜野座高校に0ー4で初戦敗退。その時の悔しい思いが、チームを動か...続きを見る

新基地建設にも影響か 辺野古で発見された〝石〟とは

野島記者「碇石とみられるものは、ちょうどあちらの仮設桟橋が設置されるとみられる海岸付近で見つかったといいます」 注目を集める石がみつかったのは、ことし2月から3月にかけての名護市の教育委員会が実施した文化財調査でのこと。キャンプシュワ...続きを見る

辺野古の早期調査求め知事会見

サンゴが破壊されているのではないか。その疑問を調べるため、県が辺野古の臨時制水域内への立ち入りを求めてから4ヶ月が過ぎました。同じ申請をした沖縄防衛局には許可が下りた一方で、県には一向に許可が下りないことに翁長知事が緊急会見です。 18日の会見で...続きを見る

釣り場を清掃でマナーアップを

釣りやダイビングをする水辺環境の保全に努めマナー向上に繋げようと、日本釣振興会沖縄県支部と県ダイビング安全対策協議会が読谷村で清掃活動を行いました。 岩場には空き缶や弁当のごみ、タバコの吸いがらが多かったほか、海からは網や釣り糸が絡まって大きくな...続きを見る

平和の詩「みるく世がやゆら」朗読者の高校生が会見

「いまの沖縄は果たして『みるく世がやゆら』平和でしょうかと心に問いかけてほしいと思って」と話しました。 2015年の慰霊の日の全戦没者追悼式典で平和の詩を朗読する与勝高校の知念捷さんが詩に託した思いを会見で語りました。 沖縄戦で夫を亡くした...続きを見る

辺野古の早期調査求め知事会見

ボーリング調査が進む名護市辺野古で県が求めている臨時制限水域内での立ち入り調査について回答がないとして知事が会見を開きました。 翁長知事は「すでに4ヵ月が経過しています県の立ち入り許可申請は漁業調整規則に係る公務としての調査であるにも関わらず認められ...続きを見る

食物アレルギー対応の情報提供

観光で訪れた人たちが食物アレルギーを気にせず食事を楽しめるようなノウハウを事業者に伝える産学連携の団体が発足しました。 この団体は食物アレルギーに対応する食品や飲料を販売する経営者や大学の有識者などでつくる「アレルギー対応沖縄サポートデスク」です。 ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.