2015年5月5日

戦後70年 遠ざかる記憶 近づく足音 戦争で亡くなった妹を探す兄

今年は戦後70年。街並みから、戦の傷跡を見つけることも難しくなりましたが今も家族の遺骨を探し求める人がいます。当時5歳で亡くなった妹を探し続ける84歳の兄の姿を追いました。 保志門繁さん「あっ、だいたいあの辺で(川幅は)狭くなるよね近...続きを見る

こどもの日 各地の表情

さて、5月5日は子どもたちが主役の日。みんなの表情をまとめました。まずはこちらから。 沖縄市で行われた「子ども遊びまつり」。バドミントンとバレーボールを組み合わせたようなスポーツ「インディアカ」や点数の書かれた的に狙いを定めてディスクを押し出す競...続きを見る

観光客Uターン混雑

ゴールデンウイークも6日で終わり、沖縄で過ごした人たちのUターンが始まりました。那覇空港の出発ロビーでは、大きなスーツケースやおみやげが詰まった袋を抱えた観光客の姿がありました。羽田空港や関西空港行きなどの便は殆ど満席。 カウンター前には長い列ができ...続きを見る

子どもを地域で育てよう

1人で食事をとることを「孤食」と言うのですが、近年、様々な事情で1人で食事をとる子ども達が多くなっています。そんな子ども達を地域全体で見守っていこうと、沖縄市でこんな取り組みがスタートします。 沖縄市諸見里にオープンする、「ももやま子ども食堂」こ...続きを見る

子どもの割合は沖縄が1位

5月5日は「こどもの日」です。全国の子どもの数は減少していますが、子どもの割合は沖縄が全国1位となっています。 総務省が、2015年4月1日現在でまとめた全国の子どもの数は男子が828万人、女子が788万人、合わせて1617万人と、34年連続...続きを見る

GW子どもたち賑わい 警察展も開催

ゴールデンウィークもあと2日。各行楽地では5日も多くの人で賑わっています。中でも子ども達はとても元気です。 そのうち那覇ハーリーの会場では、子どもたちに警察官になった気分を楽しんでもらおうと、子ども用の白バイや記念撮影用のパネルが展示されてい...続きを見る

海での遊びを楽しもう 帆かけサバ二体験

名護市では3日、「帆かけサバニ」を体験するイベントが開かれました。会場となった21世紀の森ビーチには、海での遊びを楽しもうと、家族連れや観光客らで賑わいました。 参加者らは、櫂の漕ぎ方を習うと、早速海へ。初夏の心地よい潮風を受けながら楽しそう...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.