2015年2月12日

沖縄三越跡に「ハピナハ」3月12日オープン

2014年9月に閉店した沖縄三越跡地に複合型商業施設「ハピナハ」が3月にオープンします。 「ハピナハ」は『いつでもだれにでも楽しくどこを切ってもエンターテイメント』をコンセプトに、子どもから大人までが楽しめる観光商業施設を目指しています。 ...続きを見る

楽園の海 冬の東海岸を潜る

中川「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。よろしくお願いします。きょうのテーマタイトルは『冬の東海岸を潜る!』です。 長田「なかなか潜る機会の少ない東海岸ですが、今回はビーチエントリーで何箇所か潜って来ました」 中川「では...続きを見る

名護市議会が県警に要請

名護市議会は県警本部を訪れ、名護市辺野古での過剰な警備をやめるよう要請しました。 県警本部を訪れたのは、名護市議会の屋比久稔議長ら3人で、警備課の担当者に海上保安庁と機動隊の過剰警備で負傷者が出ていると抗議し「政府・沖縄防衛局は、辺野古埋め立て作...続きを見る

アジア経済戦略構想策定委 初会合

翁長知事の公約の重要政策のひとつで、アジア経済の成長とともに成長する沖縄を目指す、経済戦略構想の策定委員会の初会合が開かれました。 沖縄経済の自立的発展に向け、アジアの経済成長を取り込む経済戦略構想の策定は、翁長知事の重要公約のひとつで、県の20...続きを見る

インフルエンザ警報レベル続く

2月2日から8日までに報告された県内のインフルエンザの患者数は1600人あまりと減少傾向にあるものの、依然として警報レベルが続いています。 2月2日から8日まで、県内の定点医療機関でインフルエンザと診断された患者数は1616人、1定点あたり27....続きを見る

認知症の予防学ぶ講演会

全国の認知症者は700万人といわれる今、認知症の専門家を招いた講演会が那覇市で開かれました。 講演会は認知症について正しい理解を深め、発症しても暮らしやすい環境をつくろうと那覇市が企画しました。 この中で認知症の予防について研究している...続きを見る

食品の安全と安心の徹底を確認

異物混入などの問題で食の安全・安心が注目されるなか、食品の安全性をどう確保するかを話し合う会議が12日、県庁で開かれました。 この会議は2003年に施行された食品安全基本法を受けて保健医療部や農林水産、教育庁などがそれぞれの分野で食品の安全性確保に務...続きを見る

全国一斉労働相談ダイヤル

働く人の職場環境や生活の悩みに答える電話労働相談の強化期間が、12日から始まりました。 連合沖縄が実施している電話労働相談は、残業代の不払いやパワハラなど、労働者の様々な悩みに答えています。連合沖縄によりますと、相談者は、県内の労働者のおよそ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.