2015年2月11日

Q+リポート シーズン真っ盛り!キャンプ支えた人の思いは

県内春まっさかりですが、真っ盛りと言えば「キャンプ」。きょうはお休みを利用して、県内でキャンプを張っている野球やサッカーを見に行かれたという方も多かったのではないでしょうか。今年はプロサッカーのキャンプも過去最多を記録するなど、経済的な効果のアップにも期待が集...続きを見る

辺野古ブロック投入でサンゴが…

名護市辺野古、立ち入り制限水域の境目を示すブイの付近の海中の様子が11日撮影されました。 ブイはコンクリートブロックを使って係留されていますが、国が投入したこのコンクリートブロックについて、県は、法令違反の有無を直接確認することも検討していること...続きを見る

なはさくらまつりスタート

那覇市の与儀公園では11日からさくらまつりが始まりました。11日からスタートした「なはさくらまつり」。与儀公園には、春の訪れを喜ぶ多くの人が訪れました。 園内を流れる、ガーブ川の川沿いに植えられた数百本のカンヒザクラは、ちょうどいまが見ごろ。訪れ...続きを見る

日系2世が見た戦中・戦後展

ハワイ在住の日系人たちが語った戦争体験を伝える資料展が、11日から那覇空港で開かれています。これは、沖縄戦を経験した日系2世を中心に、ハワイ在住の20人の戦争体験者による貴重な証言を、多くの人に伝えようと沖縄県平和記念資料館が企画したものです。 ...続きを見る

豊見城市 市民体育館が完成

豊見城市豊崎地区に建設が進められていた市民体育館が完成し、11日、落成式に参加した多くの市民らが、体育館の完成を喜びました。 豊見城市に完成した市民体育館。総面積およそ3347平方メートルと県内でも有数の広さを誇ります。11日の落成式で、豊見城市...続きを見る

特例通訳案内士と旅行業者マッチング会

沖縄の魅力を伝える通訳案内士と観光業界を結ぶ「マッチング会」が11日、那覇市で開かれました。沖縄特例通訳案内士は、外国人観光客の増加に対応し、沖縄の魅力を正しい語学力で伝え、満足度をあげようと県が資格制度をつくり認定しているものです。 通訳案内士...続きを見る

子どもたちマラソン大会

マラソンを通して心も体も健康になってもらおうと11日、那覇市のスポーツ少年団主催のマラソン大会が行われました。大会には、サッカー、野球、空手など那覇市内のスポーツ少年団に所属する81団体、2000人あまりの小学生が参加。日頃から体を動かしている児童たち...続きを見る

岩礁破砕行為を県が直接確認へ

辺野古の海底に国が投入したコンクリートブロックについて、県は、法令違反の有無を直接確認することも検討していることが分かりました。県は現在、2014年に当時の仲井眞知事が岩礁破砕を許可した区域と、コンクリートブロックが設置されている場所の位置関係などを沖...続きを見る

子どもたち 船と船員の仕事を学ぶ

旅客や貨物を扱う海運業について知ってもらおうと、小学生が船や船員について学ぶ海事教室が、11日開かれました。 海事教室は、離島への貨物や旅客を扱う海運業界の船員不足に対応するため、若い世代に船や船員の仕事について学んでもらうことを目的に、2011...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.