2014年7月31日 18時35分

台風12号今夜最接近へ

大型の台風12号は沖縄の南の海上を発達しながら北上していて、31日夜にも沖縄本島地方に最も接近する見込みです。

大型の台風12号は、31日午後3時には那覇市の南南西およそ120キロの海上にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北西に進んでいます。中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は20メートル最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありません。

台風はこの後も勢力を強めながら、沖縄本島の西側を北上する見込みです。沖縄本島地方と大東島地方では、うねりを伴う大しけとなっていて、海上や海岸付近では高波に警戒が必要です。

これに伴い、那覇と離島を結ぶフェリーなどの定期便が全便欠航している他空の便の一部が欠航しています。本島地方では、1日、1時間に70ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあります。

台風は31日夜遅くにかけて本島地方に最も接近する見込みで、気象台ではこれから1日にかけて強風と雨に注意するよう呼びかけています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.