2014年1月15日 18時30分

沖縄弁護士会 埋め立て承認に反対声明

News Photo

沖縄弁護士会は15日、知事の埋め立て承認に強く反対する会長声明を発表しました。声明を発表したのは、沖縄弁護士会の當真良明会長です。

沖縄弁護士会では、仲井眞知事の埋め立て承認の判断が、これまで過重な基地負担を強いられてきた沖縄の現状を十分に配慮しているか疑問だと指摘。また、事業周辺区域の生活環境や自然環境の保全についても、公有水面埋立法に該当性があるか「重大な疑義が有る」と述べました。

當真良明会長は「県内における新たな基地建設は憲法の精神に反する重大な人権問題であり」「公有水面埋立承認という判断に対し、改めて強い反対の意を表明するものである」と話しています。

沖縄弁護士会が普天間基地の辺野古移設問題に関して会長声明を発表するのは今回で4回目になります。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.