2013年9月30日 11時45分

県議会一般質問 配備から1年県の姿勢質す

News Photo

オスプレイの配備から1年を迎えるにあたり30日から始まった県議会一般質問で高良副知事は改めて配備見直しや分散配置を求める考えを示しました。

30日の県議会一般質問で、社大党の大城一馬議員はオスプレイの配備撤回など県の対応について質しました。

これに対し、高良副知事は「県民の不安は、一向に払拭されておらず、更なる負担増大は認められない」として、配備計画の見直しや分散配置を求めていく姿勢を改めて示しました。

また、夜間訓練などオスプレイの飛行訓練の実態について、又吉知事公室長は、「政府は日米合意に違反している認識はないとしているが、県としては引き続き実態を確認して、合意事項を徹底的に守るようアメリカ側へ申し入れることを日本政府に求めたい」との見解を述べました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.