10 / 25« 先頭...91011...20...最後 »

2013年10月21日

事業者向け講習会 食品表示を適正に

消費者が日常的に購入する「食品」の表示を適正に行ってもらおうと、事業者向けの講習会が開かれています。 講座を開いたのは、沖縄総合事務局で、午前中に開かれている製造業者の部にはおよそ40人が参加しました。 講座では、まず、JA...続きを見る

宜野湾市 海に感謝漁港周辺で清掃活動

夏場に海のレジャーを楽しんだ人たちが海に感謝の気持ちを示そうと、宜野湾市で、20日海辺の清掃活動を行ないました。 これは「水辺感謝の日」として全国一斉に行われているもので20日は釣り愛好家を始め地元の子ども達などおよそ450人が参加。...続きを見る

2013年10月20日

識名トンネル工事問題 元県幹部ら10数人を書類送検

識名トンネルの補助金不正受給問題で、当時工事に関わっていた県の幹部ら10数人が補助金適正化法違反などの疑いで、10月18日、書類送検されていたことが分かりました。 この問題は、識名トンネル建設工事で、県が、工事を請け負った業者...続きを見る

シンポジウムで臓器移植を考える

10月の、臓器移植普及推進月間にちなみ、臓器移植を考えるシンポジウムが10月20日、浦添市で開かれました。 シンポジウムでは、臓器移植で最も多い腎移植を担当する、豊見城中央病院の大田守仁医師が講演。県内の透析患者4000人のうち260人あ...続きを見る

大育専修学校ネットワーク 学園祭で学習の成果を披露

那覇市の専門学校で日頃の学習の成果を披露する学園祭が10月20日開かれています。 那覇市の専門学校で開かれている学園祭。はじめに大育ネットワークの石川正一理事長が、「職業の誇りをアピールするいい機会です。気配りを忘れず日ごろの成果を披露してほ...続きを見る

あしなが学生募金に協力を

東日本大震災で親を亡くした子供たちを支援しようと、自らも同じ立場で奨学金を受けている学生たちが募金活動を行なっています。 あしなが育英会は、病気や災害で親を亡くした子どもたちを支える団体で、秋の街頭募金では県内で「あしなが育英会」の奨...続きを見る

2013年10月19日

ジャーナリスト斎藤貴男さん招き 討論集会

憲法を変えようという現在の政治の流れを問い平和の有り方について、意見を交わす討論集会が那覇市で開かれました。 県マスコミ労働組合協議会では基地問題や特定秘密保護法案など、様々なテーマを取り上げ平和について考える討論集会を毎年10月に実施しています...続きを見る

飲酒運転根絶訴え

飲酒絡みの事故が後を絶たないことから沖縄署で、18日飲酒運転根絶を呼びかける大会が開かれました。 大会には地域の高校生や交通ボランティアなどが参加。2013年の県内の飲酒がらみの事故が83件のうちおよそ4分の1が沖縄署管内で起きていることから、「...続きを見る

那覇市総合防災訓練 災害時の連絡体制確認

大規模な地震が発生した際に、市の職員が迅速に連絡や救助の体制を作るための防災訓練が行われました。訓練は奄美大島で震度6弱の地震が起きたことを想定して行われました。 災害対策本部が設置され、緊急召集を受けた各部局長が集まって情報収集した上で、道路の...続きを見る

県 取水管流出で注意呼びかけ

台風の影響で18日までに糸満市の県水産海洋技術センターの取水管が流出したとして、県が、船舶などに対し注意を呼びかけています。 県農林水産部は18日夜会見を開き、台風23号、24号の通過後、糸満市にある県水産海洋技術センターが、魚介類の養殖研究のた...続きを見る


10 / 25« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.