2013年8月8日

Q+リポート 主演俳優は障害を持つ弟

夏休み中の教室に集まった、鏡が丘特別支援学校の高校生たち。この日、ある人を招いて、交流会が開かれました。 清剛さん「押田清剛です。宜しくお願いします」 押田清剛さんは、染色体の突然変異による障害、「ダウン症」です。この日、押田さ...続きを見る

楽園の海 夏のケラマブルー Part1

三上「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。よろしくおねがいします。きょうは夏のケラマブルーPART1です。」 長田「夏本番のこの時期は太陽の陽射しも強くて水中映像を撮るには適した時期なんです。」 三上「楽しみです。それでは...続きを見る

墜落現場また火災 米軍消防車など出動

今月5日、宜野座村のキャンプハンセンにアメリカ軍の救難ヘリ、HH60が墜落した現場周辺で8日午後再び煙が上がり消火活動が行われました。 沖縄防衛局によりますと8日午後2時35分ごろ宜野座村役場から墜落現場付近が再び燃えていると通報があり海兵隊に連...続きを見る

城原区・名護市長も抗議

宜野座村のキャンプハンセンで発生したアメリカ軍ヘリ墜落事故で8日、宜野座村や稲嶺名護市長も相次いで沖縄防衛局を訪れ事故に対し抗議するとともにオスプレイの配備撤回を求めました。 8日、沖縄防衛局を訪れた宜野座村城原区の大嶺自孝区長らは今回の墜落事故...続きを見る

沖縄市ドラム缶問題 市議団原状回復求め要請

沖縄市のサッカー場に埋められていたドラム缶から、高濃度のダイオキシン類が検出された問題で、沖縄市議会は、8日政府に対して原状回復などを求める要請を行いました。 要請を行ったのは、沖縄市議会の小浜守勝議長ら8人です。一行は8日午前、外務省で岸田文雄...続きを見る

県議団南米へ

2013年8月、ブラジルで開かれる移民105周年記念式典への出席や現地視察のため、県議会の議員団が8日、南米に向かいました。 議員団は12日間の日程でブラジルやアルゼンチンを視察。現地時間の9日夜、サンパウロで開かれる、記念式典に参加するほか、各...続きを見る

夏の甲子園開幕 沖尚球児元気に行進

夏の甲子園が、8日開幕、全国49代表校が頂点を目指す12日間にわたる球児の熱戦が始まり、大会4日目に登場する県代表、沖縄尚学も元気一杯入場行進しました。 第95回全国高校野球選手権夏の甲子園の開会式で、49代表校の最後に入場した県代表、沖縄尚学。沖尚ナイ...続きを見る

キッズスクール 生物や環境等を学ぶ

科学の実験を通して生物や環境、経済の仕組みを学ぶキッズスクールが那覇市で開かれています。 この日のテーマは「DNA」について。少し難しそうな顔をしたこども達でしたが、実際に自分の唾液からDNAを採取し顕微鏡などで観察しました。 男の子「思っ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.