2012年5月31日 11時42分

石垣市で勉強会 自衛隊配備八重山全体で考える

与那国町への自衛隊配備計画を考える勉強会が30日に石垣市で開かれました。

この勉強会は、自衛隊配備計画で揺れる与那国町で、配備に反対する住民らが住民投票を求める直接請求を計画していることを受け、八重山全体で問題を考えようと開かれたものです。

講演したフリージャーナリストの渡瀬夏彦さんは、去年の公民教科書問題とセットで自衛隊配備計画が進んでいると指摘。中国脅威論に疑問を呈するとともに「自然が財産の与那国にあえて自衛隊を常駐させる必要はない」と話しました。

また、住民投票には与那国町以外の人々も注目し、島の住民が正しい判断を下せるよう支援していくことが大事だと述べました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.