2012年4月28日 17時47分

北緯27度線 43年ぶり 海上集会開催

かつて、国境で沖縄の祖国復帰を求めて繰り広げた海上集会が28日、43年ぶりに開催されました。

海上集会は、復帰前の1963年から69年にかけて、沖縄本島の最北端・辺戸岬と鹿児島県の最南端・与論島の間にかつて存在した国境・北緯27度線で開催されたものです。

国頭村と与論町の復帰40周年事業として43年ぶりに開催された28日の海上集会には、両地域からおよそ130人を乗せた25隻の船が集結。

船べりを近づけて堅い握手を交わしたり「沖縄を返せ」と大合唱するなど、かつて、復帰を切望し、声をあげた先人たちの思いをたどり改めて、復帰を見つめ直しているようでした。

このあと、陸上ではかがり火集会が行われます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.