20 / 23« 先頭...10...192021...最後 »

2012年7月5日

東京都の尖閣諸島購入問題 知事「外交は国の仕事」と言及避ける

県議会6月定例会は5日から一般質問が始まりました。 最初に質問に立った新会派・県民ネットの奥平一夫議員は、東京都による尖閣諸島買い取り計画が沖縄県に与える影響について、知事の見解を質しました。 これに対して仲井真知事は「外交関係につきまして...続きを見る

かりゆしグループ 新入社員恒例の西海岸清掃

県内でホテル事業を展開する企業が、新入社員にクリーンアップを通して自然の大切さを感じてもらおうという研修が5日、恩納村で行われています。 かりゆしホテルズでは9年前に社員全員で環境問題に真剣に取り組む「エコホテル」宣言をしていて、毎年新入社員が研...続きを見る

大型クルーズ船 ボイジャー・オブ・ザ・シーズ初入港

世界最大規模の大型クルーズ船ボイジャー・オブ・ザ・シーズが5日、那覇港に初入港しました。 全長311メートル、総トン数はおよそ13万7000トン。中国の旅行客を中心に乗客3000人と乗組員1000人あまりを乗せて、大型クルーズ船ボイジャー・オブ・...続きを見る

2012年7月4日

Qリポート 米軍事件事故「示談」の実態

こちらに一枚の書類があります。これは今年2月、金武町の専門学校の寮などでアメリカ兵が起こした器物損壊事件で、アメリカ軍が被害者の学生たちに提示したとされる「示談書」です。被害者の学生たちは、近くの交番などに呼び出され、修理代を受け取る代わりに、この「示談書...続きを見る

抗議の声全国に 反オスプレイキャラバンが出発

オスプレイの配備阻止を訴えるキャラバンが4日に那覇市を出発しました。出発式には、九州各県の平和団体関係者も参加しました。 「基地の県内移設に反対する県民会議」の呼びかけで組織されたキャラバンは4日、県庁前で出発式を行いました。メンバーらは絶対にオ...続きを見る

県議会代表質問 「ヘリパッド建設も反対を」

東村で強行されているヘリパッドの建設は、オスプレイの運用を可能にするものだと建設中止の声が上がりました。 4日に開かれた県議会の代表質問で共産党の玉城ノブ子議員は、東村高江のヘリパッド建設中止を求めましたが、県は建設中止には言及しませんでした。 ...続きを見る

「ガマフヤー」県議会に要請 遺族のDNA鑑定を

沖縄戦の遺骨収集を行うボランティア団体が遺骨を遺族の元へ返すため、全遺族のDNA鑑定実施を国へ働きかけるよう、4日に県議会へ陳情しました。 県議会議長を訪ねたボランティア団体「ガマフヤー」の具志堅隆松代表は「遺骨を遺族の元へ返すためには遺族のDN...続きを見る

「万国津梁」企業を支援 県 新たな人材育成事業スタート

海外ビジネスを目指す県内企業や人材を育成し、企業の海外進出を促進する県の新たな事業がスタートしました。 県の「万国津梁産業人材育成事業」では、2011年度から海外ビジネスのプラン作成やプレゼンテーション技術などを指導するセミナーを実施してきました...続きを見る

入院中の子どもたちに「絵」を!

病気で入院している子どもたちに自由に絵を描いてもらおうというユニークな企画が4日に南風原町で開かれました。これは、難病で入院を余儀なくされている子どもたちの精神的ストレスを、絵を描くことでケアしていこうとワンダーアートプロダクションが全国の医療施設で開...続きを見る

宮古島与那覇湾 ラムサール条約正式登録

水鳥などの生息地として国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」に3日、宮古島の与那覇湾が正式に登録されました。 那覇自然環境事務所によりますと、スイスのラムサール条約事務局から環境省に連絡が入り、3日付けで与那覇湾が正式に登録されたというこ...続きを見る


20 / 23« 先頭...10...192021...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.