2012年1月13日

検証 動かぬ基地vol.106 日米の環境評価の違い

きょうは、オスプレイにみられる日本とアメリカの環境評価の違いをお伝えします。 沖縄国際大学・砂川かおりさん「墜落事故の危険性、騒音、原野火災の危険性、野生動物の影響とか、いろいろ環境問題は懸念されます」 今回、提出された環境...続きを見る

音声ガイドで観光バスを楽しむ

2011年は1年間で海外から28万人が沖縄にやってきましたが「言葉」の壁に十分満喫できずに帰国する人も多いということです。そこで那覇市のバス会社が海外からの観光客向けに外国語の音声ガイドのシステムを導入。13日、関係者を招いて試乗会を行いました。 ...続きを見る

野田改造内閣発足 防衛大臣は田中直紀氏

野田総理大臣は内閣改造に着手し、岡田克也・前幹事長を副総理に起用した他、閣僚5人を交代させました。普天間基地の辺野古移設を担当する防衛大臣には、田中直紀・元参議院外交防衛委員長が就任しました。野田改造内閣は午後2時からの認証式を経て、正式に発足しました...続きを見る

専門家「新たな基地建設はジュゴンの生息を困難にする」

普天間基地の移設に伴う環境影響評価の手続きをやり直すよう求める裁判で、ジュゴンの専門家は新たな基地建設はジュゴンの生息を困難にするものだと批判しました。 この裁判は、普天間基地の辺野古移設に向け実施した環境アセスの手続きや内容が違法だとして、市民...続きを見る

名護市議会が環境評価書提出に抗議決議

名護市議会は、辺野古への基地建設に向けた環境影響評価書を国が提出したことに対する抗議決議を賛成多数で可決しました。 名護市議会仲村善幸議員は「政府、防衛省及び沖縄防衛局に対し、市民・県民の総意を無視した評価書提出に対し強く抗議するものである」と話...続きを見る

ロンドンパラリンピックに向け 車いすトラック選手強化合宿

8月に開幕するロンドンパラリンピックに向け、車いすトラック競技の日本代表候補の強化合宿が糸満市で行われています。合宿には、車いすマラソンで世界記録を持つ土田和歌子選手ら、パラリンピックの日本代表候補16人が参加しました。 種目によっては時速30キ...続きを見る

海洋博記念公園 入園者数7000万人に

開園から2012年で36年になる本部町の海洋博記念公園の入園者数が、13日に7000万人を突破しました。7000万人目の入園者となったのは、中学受験合格祝いの家族旅行で公園を訪れた、北海道札幌市の小島さん一家です。 小島大陸くんは「くす玉をみたと...続きを見る

カート・トン駐日米国大使館主席公使 国際空路線などで知事と意見交換

東京のアメリカ大使館に着任したカート・トン主席公使が、2012年1月13日、沖縄県庁に仲井真知事を訪ねました。 トン主席公使は、国家安全保障会議アジア経済担当部長や、国務省韓国部長などを経て、2011年12月まで、APEC・アジア太平洋経済協力会...続きを見る

名護市議会 評価書の公開求める意見書を可決

名護市議会は2012年1月13日、臨時本会議を開き、環境影響評価書の公開を求める意見書は賛成多数で可決されましたが、抗議決議については文言をめぐり与野党で紛糾しています。 冒頭、与党の神山正樹議員は「評価書を早急に県民に公開するとともに、審議会に...続きを見る

沖縄市 津波避難所としてマンションと協定締結

沖縄市は2012年1月12日、津波などの災害に備えて、民間のマンションを一時避難施設として使用する協定を、民間のマンション管理組合と締結しました。 沖縄市は、泡瀬地区への津波に備え、一時避難施設を設けています。しかし、地区内の小学校などから避難先...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.