2012年1月12日

検証 動かぬ基地vol.105 評価書 踏み込んだ回答示さず

今回提出された環境影響評価書。この中で、前段階の「準備書」に対する知事意見、住民意見への国の見解が初めて示されました。 知事意見「代替施設の各施設の具体的な運用内容を示すこと」見解『米軍の運用の細部に関するもので、具体的に示すのは...続きを見る

県議会土木環境委員会 県 識名トンネル不正問題で謝罪

県議会の土木環境委員会が12日に開かれました。国の補助金を不正に受けていた識名トンネル工事に関する集中質疑が行われ、県はあらためて謝罪しました。 この問題は識名トンネルの本体工事で、県が請け負った業者との間で別の契約を結び、5億円あまりの国の補助...続きを見る

環境アセスやり直し裁判 専門家が「アセスは科学的でない」と批判

普天間基地の辺野古移設に向けた環境アセスについて、国にやり直す義務があることを確認する裁判が11日に引き続き12日も那覇地裁で開かれ、証人尋問に立ったサンゴの専門家が、国のアセスは科学的ではないと批判しました。 この裁判は、国が普天間基地の辺野古...続きを見る

ホエールウォッチングフェスタ

冬の沖縄といえばすっかり風物詩となりました。ホエールウォッチングシーズンの到来を告げる、座間味ホエールウォッチングフェスタが1月12日から那覇空港で始まりました。 オープニングセレモニーで、座間味村の宮里哲村長が「クジラの迫力をぜひ、間近で多く...続きを見る

ちびっこクリーンアドベンチャー 保育園児が街をきれいに

子どもたちが自分たちの住む街をきれいにしようと、豊見城市で12日にクリーン作戦が行われました。 これはちびっこクリーンアドベンチャーと題し、豊見城市内の保育園児413人が参加しました。 出発式でみそら保育園の園児が「ゴミのないきれいな地球を...続きを見る

宜野湾市長選 取締本部を設置

2012年2月の宜野湾市長選挙を前に宜野湾署には選挙違反の取締りを行う対策本部が設置されました。 選挙違反取締本部の設置式には警察署員64人が出席。高嶺隆喜署長は「選挙の自由の公正を確保するには厳正公正な捜査に重点をおいた取締りが必要」とあいさつ...続きを見る

北京ー那覇便就航

北京と那覇をむすぶ中国国際航空の定期路線が開設され、11日、第一便が那覇空港に到着しました。 観光客など141人を乗せた第一便は11日午後、那覇空港に到着。国際線ロビーでは県やコンベンションビューローの関係者が出迎えました。 到着した中国人...続きを見る

ロッテ伊志嶺 宮古で自主トレ

プロ野球、千葉ロッテマリーンズの伊志嶺翔大選手がふるさと宮古島で自主トレに励んでいます。 昨シーズン、ドラフト1位で千葉ロッテに入団した伊志嶺選手は開幕から一軍入りし126試合に出場、打率2割6分1厘、盗塁32個と新人ながらチームに貢献しました。...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.