2010年3月12日 18時32分

侵入車両、海兵隊と断定

News Photo

無断で侵入した車両はアメリカ海兵隊のものでした。県警は11日未明に、県立中部病院の敷地に侵入した車両2台をアメリカ海兵隊のものであると断定しました。

11日午前0時半ごろ、県立中部病院の敷地内にトレーラーとジープの2台が侵入。病院正面玄関前のロータリーを一周して敷地内から走り去っていく際に、ガードレールや縁石などを壊しました。

県警や沖縄防衛局などがアメリカ軍に照会し、海兵隊の車両であることがわかりました。

海兵隊報道部によりますと、当時、物資輸送のため車4台で走行中、うち2台が道を間違え病院内でUターンしたということです。

仲井真弘多知事は「365日24時間救急などもやっている病院にトレーラーのような大型車が入っていって、縁石を壊すなどというのは普通は考えられない」と話していました。

これを受けて県は、沖縄防衛局や外務省沖縄事務所に抗議しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.