2009年12月9日 18時33分

伊波宜野湾市長 政府にグアム移転を要請

News Photo

宜野湾市の伊波市長が9日外務省を訪れ、普天間基地に駐留する海兵隊のグアムへの全面移転を求める要請文を武正副大臣に手渡しました。

宜野湾市の伊波市長は9日午後、外務省を訪れ武正公一副大臣と面談しました。この中で伊波市長はグアムでの基地建設に向けて作成された環境影響評価の報告書をもとに普天間基地に駐留する海兵隊はすべてグアムに移転することになっていると主張しました。

これに対し武正副大臣は「我々の理解ではそうなっていない」と述べましたが、今後、検証する考えを示しました。

伊波市長は「(グアムに海兵隊が移転するのに)沖縄にこれまで部隊が要るかのように。そして辺野古に基地が必要で普天間の部隊が辺野古へ行くという議論がなぜ通っているのか検証して欲しい(と伝えた)」と話しました。

一方、グアムを訪問している北沢防衛大臣はグアムへの移設について「日米合意から大きく外れる。あまり期待すると頓挫する」と述べ、困難との認識を示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.