1 / 212

2009年8月12日

2009真夏の決戦 建設業界の変!?

シリーズでお伝えしている「2009真夏の決戦」。きょうは、総選挙の大きな争点、経済です。政権選択選挙と言われる今回は、県内の経済界は、これまでにない動きを見せています。 知事「そういう選択というか考えもあり得るということだと思う。ですから私の方で企業の集...続きを見る

糸満市と宮古島市 次世代エネルギー推進都市に

12日、糸満市と宮古島市が、国から次世代エネルギーの推進都市として認定され、今後、太陽光発電などを強力に進めることになりました。「次世代エネルギーパーク」とは、地球環境にやさしい新エネルギーを普及させるため政府が2006年から取り組んでいる事業で、全...続きを見る

県商工会連合会 飲酒運転根絶を宣言

県内の企業や事業所が一体となって、飲酒運転の根絶を目指す宣言が、12日に那覇市で行われました。県商工会連合会が行った宣言式には、各市町村の商工会のほか県の職員などおよそ20人が参加しました。 この中で、県商工会連合会の上原義雄会長が、「飲酒運転...続きを見る

違法広告物 2時間半で1771件を撤去

電柱やガードレールに設置された張り紙や選挙ポスターといった違法な広告物の撤去作業が12日、県内各地で行われました。県は、街の景観を美しく保ち、安全な歩道空間を提供するため、違法な広告物の撤去作業を定期的に行っています。 12日は県や沖縄電力の職...続きを見る

県内初!女性の目線で金融商品開発へ

女性の目線で開発する金融サービスとは。琉球銀行で12日、新しいプロジェクトチームが発足しました。県内の各支店から女性行員11人が集まって発足したのは、プロジェクトチーム「サンフラワー」。 琉球銀行が、ローンなどの新商品開発やサービスの向上を図る...続きを見る

8月は食品安全月間 食中毒の未然防止を!

8月は食品安全月間です。県食品衛生協会などが12日、那覇市内の市場で、食中毒の未然防止を呼び掛けました。これは食中毒が起こりやすい夏場に生鮮食品の安全管理を徹底してもらおうと、食品衛生協会那覇支部や県中央保健所などが毎年実施しているものです。 ...続きを見る

海外のウチナーンチュ宅へ!

夏休みを利用して、海外のウチナーンチュの家庭にホームステイする生徒や学生たちが12日、那覇空港を出発しました。このホームステイ企画は、県が3年前から、海外の県人会と交換で行っているものです。 今回は、県内に住む中学生から大学生まで18人が、カナ...続きを見る

不登校 小中学校、高校ともに増加

学校を30日以上無断で欠席する不登校の児童生徒の数は、2008年度、3105人と、2007年度より増加していることが、12日までに分かりました。 文部科学省の学校基本調査速報によりますと、2008年度、県内で病気や経済的な問題以外で学校を30日...続きを見る

違法な広告物撤去

県は12日朝、電柱やガードレールに設置された張り紙や選挙ポスターといった違法な広告物を撤去しました。県は町の景観を美しく保ち、安全な歩道空間を提供するため違法な広告物の撤去作業を定期的に行っています。 12日は県や沖縄電力の職員あわせて110人...続きを見る

石垣市名蔵湾 濃硫酸積んだタンカー台湾へ

11日石垣市名蔵湾でタンカーの濃硫酸が海水と科学反応を起こした事故は海上保安庁が、安全を確認しタンカーは11日夜、台湾に出航しました。 積荷の濃硫酸が海水に触れ科学反応を起こしたタンカーには11日午後7時から、海上保安庁の専門チームが乗り込み、...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.